月別アーカイブ: 2月 2011

第4回「ゆう茶房」のお誘い(首都圏青年ユニオン)

  「ゆう茶房」は、おいしい飲み物とお菓子を楽しみながら、みんなでのんびりと語り合う場所です。お茶好き・カフェ好きの組合員が、誰もが気軽に訪れることのできる場をつくりたい、という思いから企画・運営しています。 今回のテーマは“カナダ”。春の訪れを告げる“メープルシロップ・フェスティバル”にちなんで、メープルシロップを使ったお菓子と、心も体も温まるおいしいお茶をご用意してお待ちしております。カナダ滞在経験のある組合員が、写真などを持ち寄り、カナダの魅力についてお話しします。 仕事のことや学校でのことを聞いてほしい。おいしいお茶やコーヒーをゆっくりと味わいたい。たわいもない話をしながら、リラックスしたい…。組合員でも、組合員でなくても、どなたでも大歓迎。和室の落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりとした時を過ごしませんか? 皆さんのご参加をお待ちしています! 【日時】 2011年3月6日(日)13:30~16:00(出入り自由。何時に来ても帰ってもOK) 【場所】 文京区勤労福祉会館3F 第一和室(東京都文京区本駒込4-35-15) JR駒込駅(東口)徒歩9分、東京メトロ南北線駒込駅(1番口) 徒歩11分 【参加費】 500円 ☆フリードリンク、フリースィーツ、フリータイム! ☆みんなにオススメしたい本、お茶やお菓子の差し入れ大歓迎! ☆できれば、「マイカップ」をご持参ください。 【問い合わせ】首都圏青年ユニオン 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-33-10東京労働会館 5階 公共一般労組内 TEL:03-5395-5359 E-mail:union@seinen-u.org

カテゴリー: ゆう茶房 | コメントは受け付けていません。

BREAD AND ROSES 6 @USTREAM

反貧困たすけあいネットワークのイベントBREAD AND ROSES ~私たちにパンと誇りを!~を、ユーストリームでご覧いただけます。 ♥BREAD AND ROSES 6 (2010,12,9) Vol.1 雨宮処凛さん(作家)、稲葉雅紀さん(「動く→動かす」事務局長)、与謝野馨さんらが登場! Free TV Show from Ustream Vol.2 Mountain Mocha Kilimanjaro ライブ Vol.3 蔵端美幸さん(NHK社会部デスク)、宇都宮健児さん(反貧困ネットワーク代表)、鳩山由紀夫さん(民主党)など、話題のゲストが続々と登場! Vol.4 清水康之さん(ライフリンク代表)、福島瑞穂さん(社会民主党)、小池晃さん(日本共産党)らが登場!  Vol.5 Mountain Mocha Kilimanjaro エンディングライブ

カテゴリー: BREAD AND ROSES | コメントは受け付けていません。

URL変更のお知らせ

反貧困たすけあいネットワークのURLが変わりました!http://www.tasukeai-net.org/ こちらをお気に入りに追加してください!

カテゴリー: 事務局からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

改正パートタイム労働法にむけて

パートタイム労働法(正式名称:短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)という法律はご存知でしょうか。労働基準法や労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、それから労働組合法は聞いたことがある方でも、この法律がどういった法律か知らない人も多くいます。 法律の要旨は、正社員という働き方から「多様な働き方」として短時間労働をする者が増えてきたので、労働条件や教育訓練機会の確保、短時間労働者の能力の実現など。なお短時間労働者とは1週間の所定労働時間が同じ職場の労働者に比べて短いものを指します。例えばある職場では1週間の所定労働時間が40時間(1日8時間、週5日勤務)だとした場合、それより短い時間を働くものを指します。 この法律は2008年に改定されたとき、改正法附則2条「この法律の施行後3年を経過した場合において、この法律の規定の施行の状況を勘案し、必要があると認めるときは、この法律の規定について検討を加え、その結果について必要な措置を講ずる」とあり、今年が改定後3年目になります。 そんな中、独立行政法人 労働政策研究・研究機構は「短時間労働者実態調査」結果(http://www.jil.go.jp/press/documents/20101227.pdf)を昨年末に公開しました。25ページもある調査結果なのでなかなかプリントアウトしにくくて申し訳ないですが、色々と読んでいくといまの短時間労働者の実態がわかります。 例えば、短時間労働者の処遇をめぐる労働組合との話し合いの有無については、そもそも労働組合がある職場が42.4%、ない職場が51.8%。正社員は定期的昇給するのが80.5%、そのうち短時間労働者でも実施している32.7%。退職金を払っているのが61.5%などなど。 よく「正社員は忌引き休暇が使えても、短時間労働者には忌引き休暇が使えない。大切な人が亡くなった大きさにも格差を感じる」と言われることがあります。実態を通じて、今年どのようなパートタイム労働法の改正をしていくかを考えてみてはいかがでしょうか。 【山田】

カテゴリー: 転ばぬ先の労働法 | コメントは受け付けていません。