Q & A

よくある質問

q1. 「反貧困たすけあいネットワーク」は、どんな団体ですか?

河添誠(首都圏青年ユニオン)と湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)らが中心となり、2007年11月に発足しました。ワーキングプアのための互助制度(たすけあい制度)を運営しています。

q2. 活動内容についておしえてください。

会員の方々へ、就業中の方が、病気やケガで一時的に働けなくなったときの「休業たすけあい金(給付)」、生活困窮時の「生活たすけあい金(要返還)」などを提供するほか、交流サロン「ゆう茶房」やイベント“BREAD AND ROSES〜私たちにパンと誇りを!〜”などの居場所づくり、労働・生活相談なども行っています。

q3. 「反貧困たすけあいネットワーク」と「反貧困ネットワーク」は別団体ですか?

はい。
代表運営委員、事務局長とも両方の団体に関わっており、非常に近い関係にありますが、団体としては会員、会計等完全に別組織です。

Top

q4. どんな人が対象ですか?

どなたでも入会していただけます。年齢、職業、雇用形態、仕事の有無などは全く関係ありません。

q5. 地方に住んでいるのですが、入会できますか?

遠方の方でも入会していただけます。ただし「たすけあい金」は、受け渡しの際に生活相談を行うため、原則として反貧困たすけあいネットワーク事務局(東京都豊島区南大塚)での面談でお渡しとなります。顔の見えない関係の中で、金銭のやり取りだけというのは、たすけあいネットの活動趣旨にそぐわないため、地方にお住まいの方は、その旨、あらかじめご了承いただいてからご入会いただいております。

q6. 法人でも入会できますか?

原則として、個人での入会をお願いします。なお、法人からのご寄付やご協力は大歓迎です。事務局までご連絡ください。

Top

q7. 生活保護を受けていても入会できますか?

はい。生活保護受給中でもご入会いただけます。ただし、「たすけあい金」を利用した場合は、生活保護法にしたがって収入と認定されるため、福祉事務所に収入申告をしなければなりません。違反した場合、不正受給として処罰されます。

q8. 会員の特典はありますか?

加入日から6ヶ月が過ぎると、「休業たすけあい金」および「生活たすけあい金」をご利用いただけます。また、困った時の相談窓口として、専門家による労働相談・生活相談のご利用、イベント“BREAD AND ROSES〜私たちにパンと誇りを!〜”への無料参加などがあります。

q9. 会費や寄付金は何に使われるのですか?

「休業たすけあい金」や「生活たすけあい金」などの「たすけあい制度」の運営資金として、また、団体の活動資金として使われます。

Top

q10. 入会したらすぐに「たすけあい金」制度を利用できるのですか?

「たすけあい制度」は、加入日から6ヶ月が過ぎるとご利用いただけます。例えば、4月20日が加入日の場合、10月20日より申請ができます。

q11. 入会してから会費コースの変更はできますか?

はい。いつでも変更していただけます。また、会費コースを変更された月から6ヶ月が過ぎると、変更後のコースの「たすけあい金」金額がご利用いただけます。

q12. 事務局を訪問したいのですが。

小さな団体のため、事務局に常に人がいるわけではありません。御用の方は、まずはEメール(おすすめです)、電話、FAXなどでご連絡いただき、日時をお約束の上、御来訪ください。

q13. どんな支援方法がありますか?

  1. 会員になって「たすけあい制度」を共に支えてください。支援する人と支援される人という構図ではなく、みんな一緒に支えあい助け合える関係を築くことが、私たちの目指すことです。

    詳細は入会案内をご覧ください。

  2. 活動資金カンパにご協力ください。
  3. 未使用切手・ハガキ等のご寄付をお願いします。
  4. リーフレットの配布・設置にご協力ください。
Top